So-net無料ブログ作成
検索選択
フィカス ブログトップ
前の10件 | -

止まらない。 [フィカス]

umbellata1.jpg

今日の植物。

ウンベラータ/フィカス属
日光-★★★☆☆+
お水-★★★☆☆+
寒さ-★★★☆☆+

ウンベラータの成長が止まらない。

次から次へと赤い砲に包まれた新芽が出てくる。

夏の暑さで傷んだ葉を取り除き、ついでに少し剪定したのは1か月前。

日中の温度がなかなか下がらないせいか、春に見せる勢いと同じくらい。

頑張ってるウンベラータ。

umbellata2.jpg

ウンベラータには、赤い砲とそうでない種類がある。

「赤いのは本物の証拠」と生産者さん。

そうでないのは、海外で一斉に培養されたクローンなんだって。

umbellata3.jpg

「本物の証拠」その2。幹に実が付く。

培養ではなく、ひとつづつ取り木や挿し木、種から育てると実がなるみたい。

これはまだ小さいけど、3cm位になります。
あまり、見た目は良くないかな。
可愛いモノでも嬉しいものでもない気が…私的に。

umbellata4.jpg

いずれにしても、大きく柔らかい葉が印象的で、人気のウンベラータ。

みなさんのお家のウンベラータも止まらない?

ニケは眠気が止まらない。
遊んでもらえないので寝たふり中。(笑)


おまけグルメ

かぼちゃのブルスケッタ!
umbellata5.jpg

ハニ―マスタード味にしてみました。
かぼちゃは小さく切ってチン。
粒マスタードにハチミツ、塩も少々。
後はちょっぴりグレープシードオイルを。

お供は、チーズとコップdeワイン


ごちそうさま。

fluorescent green. [フィカス]

altessima1.jpg

今日の植物。

フィカス・アルテシマ/フィカス属
日光-★★★☆☆+
お水-★★★☆☆+
寒さ-★★☆☆☆+

明るい緑が、眩しいくらいのアルテシマ。
新しい葉っぱは、特に明るい色。

同じアルテシマでも斑が入っていたり、いなかったり。

色が濃かったり、薄かったり。

葉が大きかったり、小さかったり。

成長が速かったり、遅かったり。


お母さんが違うと、子供達も少しづつ違う。

樹齢が違えば、また違う。

育てる人によっても違ってくる。

altessima2.jpg

微妙な違いだけど、マルチな観葉植物アルテシマ。


おまけネコ。

ニケの目が、だんだん小さくなって・・・。
altessima3.jpg

寝むそう。

女の子なんだけど、そんな全開でいいのかな?(笑)

altessima4.jpg

半目を開けたまま、意識が遠のくニケちゃん。

女の子なんだけど、そんな寝顔でいいのかな?(笑)

そんなニケが可愛い♪と思いながら過ごす暑い日々。
それにしても暑いよねー。雨降らないし。


おしまい。


green coordinates. [フィカス]

緑の空間作り。

umbellata1.jpg

今日の植物。

ウンベラータ/フィカス属
日光-★★★★☆+
お水-★★★☆☆+
寒さ-★★☆☆☆+

スペースのコーナーや壁際に置かれがちな植物。
でも大きい物は、真ん中にあって威力を発揮!

下から眺めるウンベラータの葉は、ライトに透けた葉脈がキレイ
ちょっと高原に居るような雰囲気になれるかもョ。

“暮らし道楽”がテーマのタカトーホーム新社屋「ミモザの森」ディスプレー

umbellata2.jpg

2m超えのウンベラータが欲しかったので、生産者さんに連絡。
「ある?」「あるよ。」「行きますね。」…数日後ハウスへ。
「焦げちゃった。」「ん?」
「暑すぎて上の方の葉がダメになった。」「え~!?」

マズイ。揃うかな…。

ハウスの中のウンベラータの葉の一部が、茶色くカサカサ。
でもその中から、無事でイメージ通りの鉢をいくつかピックアップ

寒さに弱いイメージの観葉植物。あまり暑過ぎるのもダメージに。
この時期に何日かお家を留守にする時は、ご注意を。
焦げる事はありませんが、葉が下を向きグッタリすることがあります。


おまけネコ。

umbellata3.jpg

ニケ、伸びする時、スゴイ顔してたんだね。(笑)

それでも可愛いニケ♪

おしまい。

black box. [フィカス]

黒い箱に合わせて、

blackB1.jpg

黒い鉢に、入れました。

今日の植物。

ベンガレンシス・オードリー/フィカス属
日光-★★★☆☆+
お水-★★★☆☆+
寒さ-★★★★☆+

blackB2.jpg

書類とか色々な物が入っている黒い箱を移動。
それに合わせて、ベンガレンシスも黒い鉢に。

黒い鉢は部屋を暗くしがちですが、明る過ぎる場所や、部屋の印象を落ち着かせたい時に、上手く使うと効果大。
インテリアのどこかに、黒が入っていれば浮くこともなく良いアクセントに。それにグリーンが引き立ちます。^^

今まで、ほとんどのベンガレンシスを白系の鉢に合わせてきましたが、たまには黒もイイかもです。



おまけネコ。

「ただいま!」。。。ニケのお出迎えが無い。

と、いう事は次のどちらか。
その一、外の鳥または虫にロックオン中。
その二、爆睡中。

blackB3.jpg

リビングを覗くと。。。その二でした!

白い猫のぬいぐるみ「おともだち」を連れまわし、キックにパンチに、激しくひとり遊び。疲れて爆睡中。
結構大きいから疲れそう。

blackB4.jpg

こんな感じで寝ていたり、毛づくろいをしてあげるほどの仲良し。

帰ると玄関やリビングの隅に転がっている「おともだち」。。。
いつも決まった場所に、置いておくんですけど。

ニケがひとりでいる時だけの行動。
ひとりはやっぱり、つまらない?それとも猫同士が楽しい?

「はい、コレあげる。可愛かったから買ってきた。」
いらないと言う間も無く、押しつけていった母。
どーすりゃいいの?と思いましたが、今ではすっかりニケの良い「おともだち」。
でも、我が家でかなり浮いている存在の「おともだち」には違いない。(笑)



おしまい。








ヒカリ。 [フィカス]

太陽のヒカリに誘われ、

altessimaC1.jpg

目を覚ます。

今日の植物。

フィカス・アルテシマ/フィカス属
日光-★★★☆☆+
お水-★★★☆☆+
寒さ-★★★★☆+

太陽のヒカリが長くなると、「起きて」のサイン。

植物は、ヒカリを感じ、長ければ成長を始め、短ければ休眠する。
(というより、暗い事を基準にしているようです。夜が長ければ冬と。)1年中快適な室内にいても、ちゃんと季節を感じ、成長のリズムを持っている。

可愛いフォルムのアルテシマ。
そろそろ若葉の出番です。

altessimaC2.jpg

明るい緑色の葉に光があたってキラキラ
立派な影も、キラキラを引き立てているみたい。

altessimaC3.jpg

ニケにも影。…当たり前ですが。

気持ちの良いヒカリです。



おまけグルメ

室内は日差したっぷり。
だけどストーブを点けるかどうするか微妙な温度。

altessimaC4.jpg

そんな時は、あつあつトマトリゾット
たっぷりの野菜とお米を炒めて、トマト缶で煮る!
かぼちゃがほんのり甘くて、美味しかったです。

ごちそうさま。


これから。 [フィカス]

健康で、大きくなってね。

audry1.jpg

今日の植物。

ベンガレンシス・オードリー/フィカス属
日光-★★★☆☆+
お水-★★★☆☆+
寒さ-★★★★☆+

幹が白く、細かな産毛に覆われた緑の葉。
原産地インドでは、聖木の一つで長寿と富のシンボル。結婚したカップルに贈る習慣も。

まだ小さな幼木のベンガレンシス。大人になれば30mもの高木に。
流通する観葉植物は、大きく見えてもまだまだ子供サイズ。
鉢に植えてあれば、そこまで大きくなれない。(なっても困りますよね。)

audry2.jpg

[猫]クンクン。ちぇっく、ちぇっく!

このベンガレンシスは、子供と言うよりまだ赤ちゃんくらい。
人生始まったばかり。これからです。



おまけネコ。

ニケが生まれてから、2年と5ヶ月。 たぶん…。
4匹兄弟で生まれた。。。それぞれが幸せになると誓い、お母さんのもとを離れた。


人間を癒す代わりに、温かく安全な場所と
たっぷりの愛情というご褒美がもらえる。
居心地は、決して悪くないはず。
それでも、「外」の誘惑にな敵わない。
時間になれば、「行って来ます」と。
手足で色々な感触を楽しみ、風の匂いを嗅ぐ。毎日が冒険と探検。
そして、避けて通れない、たくさんの危険。
もうドアの前で、「ただいま」の声を聞くことはない。

あの時の兄弟は、ニケだけになった。(今日から一人…)

さよなら、チャイ。
天国でミルクとモカと仲良くね。


audry3.jpg

ニケ、責任重大。これからは、兄弟の分まで…ね!


おしまい。



ゴツイけど…。 [フィカス]

大きくて、ごつい葉っぱ。

kashiwaba1.jpg

今日の植物。

カシワバゴムの木/フィカス属
日光-★★★☆☆+
お水-★★★☆☆+
寒さ-★★★☆☆+

軽く波打つ葉っぱは、肉厚で濃い緑色。
風で揺れるような柔らかさはなく、いかにも頑丈そう。
葉の大きさの割には細い幹のお肌は、ガサガサ。

出てきたばかりの新芽は、茶褐色の斑点があって、「あれ?病気かな?」とか「葉焼けかな?」と思いますが、成長とともに無くなります。


kashiwaba2.jpg

でも、しっかりした緑が、冬の枯れ葉色の世界にちょっぴり潤いを。
葉っぱの量を調節すれば、ごつさも軽減されなかなかのモノに。


おまけネコ。

kashiwaba3.jpg

[猫]お外は風がびゅーびゅー。でもお部屋の中は、お日さまでポカポカ。気持ちイイにゃん。

だから、どこに行っても、眠くなるニケです。

最近お腹の調子がイマイチなニケ。でもゴハンもたくさん食べるし、いっぱい遊ぶし、元気そう。 「明日も壊れてたら、病院へ行こう。」と思うと治る。でもまた壊れる。この繰り返し。大丈夫かな?


おしまい。



静と動。 [フィカス]

あっちもこっちも、気になるし、
pose1.JPG

お手入れにも、一生懸命。
pose2.JPG

ん?爪が伸びたかな?
pose3.JPG

ニケは、忙しいね。
pose4.JPG

今日の植物。
pose5.JPG

ベンガレンシス・オードリー/フィカス属
日光-★★★☆☆+
お水-★★★☆☆+
寒さ-★★★★☆+

静かに心を動かします。


プランマーケットへ、ようこそ。


おしまい。


菩提樹。 [フィカス]

オシャレ観葉植物でありながら、とても神聖な樹です。

bodaijyu1.JPG

今日の植物。

インドボダイジュ/フィカス属
日光-★★★☆☆+
お水-★★★☆☆+
寒さ-★★★★☆+

葉や枝は、皮膚病の治療に、
樹皮は、炎症を抑える塗り薬に。

樹皮の繊維からは、紙ができ、
手紙の封をするのに、樹液を使い。

果実は整腸にも役立つ。
なんて、ありがたい樹なのでしょう。
インドでの昔の話ですけど…。

そして、お釈迦さまが悟りを開いたのが、この樹の下。
インドではとても大切にされている聖木なのです。

しかも耐陰性・耐寒性もあって育てやすい!

bodaijyu2.JPG

葉の形が、変わっていて面白い。

先が細くなっていて、この部分は「ひげ」とか「尾」と呼ばれます。
同じインドボダイジュでも個体によって無い種類もあります。

bodaijyu4.JPG

[猫]ニケだって、自慢のヒゲとしっぽがあるもんね~。
浴槽の中で、お手入れ中。


おまけグルメ

かぼちゃのアイスを作りました[るんるん]

bodaijyu3.JPG

アイスクリーマーを持っていないので、10~15分おきに冷凍庫から出して、混ぜ混ぜ[あせあせ(飛び散る汗)]
裏ごしするのと混ぜるのに時間がかかりましたが、
美味しくできました。


ごちそうさま。


symbol tree. [フィカス]

大きな木の存在感は格別。

umbe1.JPG

ウンベラータ/フィカス属
日光-★★★☆☆+
お水-★★★☆☆+
寒さ-★★★☆☆+


リビングにあるシンボルツリー。
270cmある天井に届きそうになっては切られ、
また大きくなっては切られ。。。

時間の経過と共に、少々下向き加減になった古く大きな葉を剪定。バッサリいきます。50~60cmくらいの長さの枝をバッサリと。しばらくすると新しい葉が、勢い良く次々に。見違えるように元気にリフレッシュします。

かつて生産が追いつかないほどの人気だったウンベラータ。その反動ですっかり影を落とした感がありましたが、復活の兆し。大きな柔らかい葉は、可愛いだけではなく、蒸散を活発に行い、汚れた空気と化学物質をやっつける効果が大なのです。

umbe2.JPG

こちらは、小さなサイズ

umbe3.JPG

こちらは、中位のサイズのとなりで、お昼寝のニケ。
お気に入りのポーズです。



おまけグルメ

お誕生会第2段♪
umbe4.JPG

猛暑の中、BBQ。
スペアリブがイイ感じに焼けています♪

umbe5.JPG

夏には、やっぱりスイカ!
と言っても、あまり好きではないので食べませんけど。。。 真っ黒な「でんすけスイカ」みんな美味しそうに食べていました。

本日、飲んだアルコールはすべて汗で出た様な気がします。


ごちそうさま。



*イベントのお知らせ*
カフェ雑貨屋さんを併設した本格ログハウスメーカーのイベントに出店します。
山と緑に囲まれた敷地1000坪のエリア。雄大な自然の中へ遊びに来て下さいね。

8月22日(日)10:00~17:00
株式会社ジェイホームズ オブ カナダ社
〒371-0201 群馬県前橋市粕川町中之沢249番地126

アクセス:関越自動車道前橋IC下車 - 赤城高原クローネンベルク・ドイツ村方面へ - 中之沢美術館より車で2分


前の10件 | - フィカス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。