So-net無料ブログ作成
検索選択
ハオルシア ブログトップ
前の10件 | -

ピックと鉢とバッグと。 [ハオルシア]

obtusa1.jpg

今日の植物。

オブツーサ/ハオルシア(ハオルチア)属
日光-★★☆☆☆+
お水-★★★☆☆+
寒さ-★★☆☆☆+

obtusa2.jpg

ハンドメイドバッグやカゴバッグ、革小物のお店
アトリエ・メコから渡されたのは、

obtusa3.jpg

お店の名前のピックと植木鉢。

「何か植えてきて。お任せで多肉」って。

置くのは当然、店内。

室内だと、どうしても日光が足らず、徒長(間延び)しがち。
色が抜けて、ヒョロヒョロ、軟弱になりやすいのです。

obtusa4.jpg

選んだのは、室内でも頑張ってくれそうなオブツーサとハートカズラ。
ちゃんとピックも挿したよ!アレ?スペルおかしい?(笑)

obtusa5.jpg

秋の日差しにキラキラのオブツーサ。

お店でもキラキラしてね。


おまけネコ。

そんなアトリエ・メコで買ったカゴバッグ。
obtusa6.jpg

「できる女は冬でもカゴバッグ!」が合言葉のメコ。
ワタシもあやかろっ!

持ち手に革をまいて、ファーのフタを付けてもらいました。
革でポケットも、お好み大きで付けてくれます。色も選べるよ。

ニケもスリスリ。

obtusa7.jpg

お決まりで、もちろん入ってみる。

[猫]「できる女」になったかにゃ?


おしまい。


twisted. [ハオルシア]

gyokusen1.jpg

今日の植物。

グリーン玉扇/ハオルシア(ハオルチア)属
日光-★★★☆☆+
お水-★★☆☆☆+
寒さ-★★★★☆+

透明窓のある多肉、人気のハオルシアの仲間。

葉っぱの先っちょが、ちょっと透明のグリーン玉扇。

gyokusen2.jpg

生きていくのに大切な太陽の光は、
この透明な部分から取り入れます。

ちょっと変わったねじれた形が、可愛い

gyokusen3.jpg

あ、ニケ。。。いつものように。。。やって来る。

あくびをしながらやって来る。わざわざ来てココで寝なくてもいいんじゃない?

gyokusen4.jpg

グリーン玉扇の正しい形。本当は横に広がる。

名前に「扇」と付くように、扇型になるのです。

ねじれてしまったのは、小さく窮屈な鉢で育ったから。
ちゃんと植えかえしましたよー。

「正しい玉扇」は、傷が付いてしまったので、お家の子に。
「ねじれた玉扇」は、嫁ぎ先募集中。

色々な事情がある玉扇たち。



おまけグルメ

チリコンカルネを作りました。しかも大量。
gyokusen5.jpg

まずは、トルティーヤで頂きます!ビールが飲みたくなるね~。
gyokusen6.jpg

スパイシーなお豆が美味しいチリコンカルネでした!


ごちそうさま。



潤々。 [ハオルシア]

暑さを一瞬、忘れさせてくれる。。。

piliferavari1.jpg

今日の植物。

ピリフェラ錦/ハオルシア(ハオルチア)属
日光-★★☆☆☆+
お水-★★★☆☆+
寒さ-★★★☆☆+

お水をたっぷり蓄えているのが、透明窓から良く分かります。
(ハオルシア属の透明な部分を「窓」と呼びます。)
透明窓を通す光は、優しくキラキラ
透明と白と緑の組合せが、涼しそう。

piliferavari2.jpg

季節を演出してくれる、夏の似合うピリフェラ錦です。


おまけネコ。

piliferavari3.jpg

木の床よりコンクリートの方がひんやり気持ちがイイ。
お昼寝はここで。

piliferavari4.jpg

境界線で寝てます。

piliferavari5.jpg

気付かれちゃった?得意のポーズ。

ニケの寝る場所や恰好で、季節を感じます。

暑い中、まったりしながらニケにカメラを向けていた数時間後、
まさか我が家に雷が落ちるとは…。

埼玉県、超北部。6月29日。
気温は38度をとっくに超えている。
植物のストック場も41度。ヤバイ。

遠くで雷の音。
雨が降ってくれれば気温も下がるし、
庭木も潤うかな?
のん気な考えの私。

激しい雷雨がやってきた。
雨音って、こんなにうるさかった?
雷も大き過ぎ。というかイナズマ

白い光と同時に“パリン!”という音。
ニケも私も、飛び上るほど。

雷が落ちました。

しかも我が家に。想像もしてなかった…。

電話機とTVアンテナ、そして主人のパソコンが破損。
その他、通信機器とか繋ぐ線や、それらを経由する機器たち。

直接の落雷があった訳ではなく、どこかを経由したか分散して落ちたとのだろうことです。

不幸中の幸い、一部の家電の破損で済んで良かったのかな?

テレビもパソコンも使えない、静かな数日を過ごしました。
たまにはイイかも。(笑)
今日から私のパソコンだけ復活です。かわいそうなダンナさん。。。

みなさん、雷には注意です。


おしまい。

variegata. [ハオルシア]

透明感ある白色がキレイです。

takara_vari1.jpg

今日の植物。

宝草錦/ハオルシア(ハオルチア)属
日光-★★☆☆☆+
お水-★★★☆☆+
寒さ-★★★☆☆+

多くの植物の葉は緑色。
それは、葉の中に光合成に必要な葉緑体があるから。
小学生のお勉強みたいですね。(笑)

葉緑体の中にあるのが、葉緑素。
この色素が緑色なので、葉が緑に見えます。

宝草錦は、葉緑素が少ないので、緑色の部分が少ないのです。
こういった種類を、原種と区別して、「斑入り」や「錦」と言います。

takara_vari2.jpg

と言う事で。。。活発な光合成をしなくても成長できます。

だから。。。成長に必要な太陽光が少なくても大丈夫!

なので。。。太陽の光が入りにくい、少々暗めのお部屋でも
元気に育ちます。真っ暗じゃーダメですよ!

環境にもよりますが、なかなか植物を置きにくい、水回りスペースでも育ちますよ。

takara_vari3.jpg

じぃー。何ですかー?


おまけグルメ

またBBQやっちゃった!

takara_vari4.jpg

まずは、サングリラで乾杯!
お肉の他に、鮭のホイル焼きやチーズホットサンドなどなど。

あっちこっちでイベントが中止になる中、「いいのかな?」と思いつつ「元気にいこう!」と。

普段なるべく地元の野菜や食材を買うようにしてますが、
今回は、風評被害が出ている茨城県産の野菜をたっぷり頂きました。
でも、あまり流通していないのが現実。
こんな事くらいしかできないけど…たくさん&美味しく食べました!


ごちそうさま。


窓。 [ハオルシア]

この透明感と水みずしさに惹かれます。

pilifera1.JPG

今日の植物。

ピリフェラ/ハオルシア属

日光-★★☆☆☆+
お水-★★★☆☆+
寒さ-★☆☆☆☆+


最近良く目にする「透明窓」のあるハオルシア属。
中でもワンランク上のピリフェラは、「窓」が大きいのが自慢です。
どうしてココまで透明なんだろう?
見る度に、不思議な美しさに感動。

繊細そうに見えて、意外と丈夫。
そこそこの光があれば十分育ちます。

pilifera2.JPG

キレイだね!ニケ。

[猫]あー、耳かゆい。

・・・。



おまけグルメ

豚バラブロックベーコンを作ろうと。。。
その前に、焼いてみよう!

pilifera3.JPG

豚バラのハーブ焼き。

ローズマリーとタイムとオレガノと塩。
もう少し、お肉を厚めに切れば良かったかな?
でも、美味しかったです。


ごちそうさま。



お知らせ
春先のお天気が、安定しなかったため、今年は害虫の発生が多いそうです。
観葉植物・多肉植物他お持ちの方は、ご注意ください。
早めの発見と駆除が植物を守ります。




座標。 [ハオルシア]

地球上の特定のエリアを示す「座標」。

tag1.JPG

植物の名前と座標が記してあるタグ。

この植物が、この座標のエリアを原産地とする原種で間違いないという証明みたいなもの。


tag2.JPG

今日の植物。

ボルシー/ハオルシア属

ボルシーにはこんなタグが付いています。

Haworthia
Bolusii CCO 740
RSA, Graaf Reinet
Nr.15917


CCO 740 これが座標。南アフリカの特定された場所。
交配種などが沢山あるので、迷子にならないよう名前と住所があるのです。

tag4.JPG

キレイです。

tag3.JPG

原産地は南アフリカですが、やってきたのはドイツのお店から。

ココは、世界中のコレクターさんが利用しています。

多肉の世界は奥が深くて、ワールドワイドですね。




おまけネコ。

tag5.JPG

ニケは、寝ボスケである。

ニケ、朝だよ。
そろそろ起きて、朝ごはんにしたら?



おしまい。






光と白。 [ハオルシア]

philiV1.JPG

白いです。。。

光が透けるように白いです。



今日の植物。

ピリフェラ錦/ハオルシア属



philiV2.JPG

持ってる葉緑素が少ないので、白っぽいのです。

軟弱そう?

案外、強いし、良く育ち、良く増えます。




philiV3.JPG

ハオルシアの軟質葉系の特徴、

透明窓も、この通り。

冬の太陽の光がまぶしく輝きます。





おまけネコ。

philiV4.JPG

なかなか入れてもらえないワークスペース。
(なぜって、いたずらっ子だから。)

今日は特別。
(なぜって、入れろとダダこねたから。)


[猫]もうすぐ、陽だまりになるの。






おしまい。





トルンカータ [ハオルシア]

ぷるん、ぷるん♪

ツヤ、ツヤ♪

なにが可愛いって、この透明感。



truncata1.JPG

今日の植物。

トルンカータ/ハオルシア属



光の加減で輝く、トルンカータ。

ま~るいモコモコ具合も、キュートです。

ハオルシア属は、トルンカータのような軟葉系と硬葉系があり、
どちらも多肉界のアイドル




truncata2.JPG

葉先の透明な部分は、「窓」と呼ばれ、
大きければ大きいほど人気者。

原生地では、自分より背の高い植物の葉の隙間から、こぼれる光をめいいっぱい受けようと、透明に。
緑より透明の方が、光が浸透し、光の屈折も手伝って・・・

とにかく、弱い光を有効利用できるように、こうなりました!

おチビさんですが、不思議な魅力たっぷりのトルンカータです。





おまけグルメ

truncata3.JPG

煮込み料理が、食べたくなって、

チキンをトマトで煮込みました!



truncata4.JPG


マッシュポテトを添えて。

ワインも付けて。

いただきまーす[グッド(上向き矢印)]


truncata5.JPG

[猫]食べてばっかり、飲んでばっかり。

ニケと遊んでよ。




よし、遊ぶか!おいで!







水回り。 [ハオルシア]

takaragusanishiki1.JPG

多肉植物だって、

日光が苦手な子もいるんです。


takaragusanishiki3.JPG

今日の植物。

宝草錦/ハオルチア属


takaragusanishiki2.JPG

よ~く見ると、葉に「窓」と呼ばれる透明な箇所が…。

中が、透けて見えます。

だから、強い光だと眩し過ぎて。。。

それに、白い個所は、葉緑素が無いため光合成できず。。。

しかも、他の多肉植物よりも、水分が必要。
(ちょっとですよ。観葉植物の様にあげてはいけませんよ。)


takaragusanishiki4.JPG

なので、

光が柔らかく、少々湿度のある、
洗面所などの水回りに置いても育ちます!

(半日陰と言われる場所です。植物なので、窓の無いうす暗い洗面所などはダメですよ。)

(少々の湿度です。水滴がいっぱい付くほどの湿度はダメですよ。やっぱりそこは、一応多肉なので。)


原種でも1万種以上はあると言われる多肉植物。
育つ環境もそれぞれです。







おまけネコ。

洗面所とお風呂場が大好きな、ニケ。

ofuro1.JPG

ジャ~[いい気分(温泉)]

また見てるの?


ofuro2.JPG

[猫]うん。
早くお風呂のお湯、たまらないかな?


ofuro3.JPG

[猫]これを待ってたみゃ[るんるん]


ニケの船は、いつも人間の手によって支えられている…。

そして、船の中で丸くなって寝るのであります…。

たまに、人間の体力とバランスが付いて行けず、浸水します。

赤ちゃんだった時は、浮いてましたが、今は重くて重くて。洗面器からもはみ出てます。)

濡れるの嫌がるのに、お風呂が好きって、なに?





似て非なり。 [ハオルシア]

何が違うって?写真の場所と大きさと…。

今日の植物。
ハオルシア属 硬質葉系

hakucyo1.JPG

これは、白蝶。


seiza1.JPG

こっちが、冬の星座。


matu1.JPG

それからこれが、松の霜。


hitoe1.JPG

そして、十二単衣。

何となく違います。

それでは、アップで特徴を。

hakucyo2.JPG hakucyo3.JPG

薄いグリーンのしましまが、白蝶。

seiza2.JPG seiza3.JPG

イカの吸盤の先に付いてるヤツ?に似てる、冬の星座。

matu2.JPG matu3.JPG

細かい点々の、松の霜。

hitoe2.JPG hitoe3.JPG

茎立ちし、白プツプツの、十二単衣。


並べて見ると、結構違うものです。

そして、いつもの様に待ちくたびれて、寝てしまいました。

hitoenike.JPG

寝る子は育つ。おやすみ。


前の10件 | - ハオルシア ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。